ADHDの僕が「今」、生きているということ

ADHD(注意欠陥多動性障害)とわかった僕の「これまで」と「いま」と「これから」

初診察、はたしてADHDの診断なるか? 

f:id:cheaptochic:20170427134335j:plain

 

 夏がそこまで近づいているような気候になりましたね。

 

先日、僕は久しぶりにお日様の下でスポーツをして、

あまりに白かった肌が、少しだけ小麦色になっています。

日焼けはどうってことないのですが、筋肉痛がひどいこの頃です。

 

 

余談はさておき、今日は僕がADHDにほとんど近い症状のため、

本当にADHDなのかを判断してもらいに、病院へ行くことになった話をお届けします。

 

 

ネットでADHD関連の受診ができる近所の病院を探し、予約。

ドキドキしながらも診察してもらえば、なにか改善策をお医者さんから

もらえるだろうと希望をもって向かいました。

 

 

僕が病院に行く前に想像していた診察の様子は…

 

 

<ここから想像(妄想)>

 

f:id:cheaptochic:20170427140235j:plain

 (妄想しやすい性格です…)

 

 

先生「あなたはADHDにとても近い症状がありますね」

 

僕「やっぱりそうですか…(深刻な顔)」

 

先生「本当に今までADHDの症状で苦しいなか、よく耐えて頑張りましたね」

 

僕「(号泣)うぅぅ、本当に大変でした…涙」

 

先生「ADHDは努力次第で改善できるので、これからは一緒に考えて治療を考えましょう!」

 

僕「はい!先生について行きます!」

 

 

<想像(妄想)終了>

 

 

 

というように(もはや妄想ですが)この診察ではっきり僕がADHDだとわかり、

先生になぐさめられ、一緒に治療して行きましょうなんて、熱い言葉とともに

診察が終わると思っていました。

  

もしかして大人のADHDかも?と思ったら読む本【電子書籍】[ 増田剛己 ]

価格:1,000円
(2017/4/27 13:56時点)
感想(0件)

診察の前にこの本を読んで準備しました。

 

 

 

いよいよ病院に着き、まずは助手の方に現在抱えている悩みや、症状、そして今までの経歴や経験などおよそ1時間くらいお話ししました。

 

 

 

簡単に僕のADHDじゃないかと思われる特性をお伝えすると…

 

 

ADHD症状チェックリスト:成人(18歳以上)用|大人のためのADHD情報サイト より

 

・ 物事を行なうにあたって、難所は乗り越えたのに、詰めが甘くて仕上げるのが困難だったことが、どのくらいの頻度でありますか。

僕の回答▷頻繁

 

・計画性を要する作業を行なう際に、作業を順序だてるのが困難だったことが、どのくらいの頻度でありますか。

僕の回答▷頻繁

 

約束や、しなければならない用事を忘れたことが、どのくらいの頻度でありますか。

僕の回答▷時々

 

じっくりと考える必要のある課題に取り掛かるのを避けたり、遅らせたりすることが、どのくらいの頻度でありますか。

僕の回答▷頻繁

 

・長時間座っていなければならない時に、手足をそわそわと動かしたり、もぞもぞしたりすることが、どのくらいの頻度でありますか。

僕の回答▷時々

 

まるで何かに駆り立てられるかのように過度に活動的になったり、何かせずにいられなくなることが、どのくらいの頻度でありますか。

僕の回答▷頻繁

 

 

僕は最初の5項目でもADHDと言われる症状が「頻繁」に出ていますし、

その後のチェックリストにもADHDの傾向に当てはまるものがとても多いです。

 

 

そんなADHDらしい症状や、これまでの経験などを助手の方に伝え終わり、

いよいよ診察がスタート。

 

 

先生がさきほど助手の方へ伝えた内容を確認し、

そして少し質問をされて一言。

 

 

先生「おそらくあなたの症状はADHDに近いので、まぁ、症状を改善するお薬を出しておきます」

かなりあっさり伝える先生。

 

僕「えっ、薬で改善されるんですか?」

あまりにそっけない判断で拍子抜けする僕。

 

先生「そうですね。とりあえず3ヶ月くらい試してみて様子をみてみましょう」

あくまで淡々と話す先生。

 

僕「…あぁ、はい、そうですか、分かりました」

 

診察終了…。

 

 

という、なんともあっさりした診察を終えて僕は会計を待ちながら

とても悶々としてしまいました。

 

あれ、あまりに診察前の想像とちがっている。

それに、あまりに簡単に「薬を飲みなさい」と判断を下された。

そんなに僕の症状はあっさりと解決するものなのか?

そんなことが頭の中でぐるぐる回ります。

 

そのあと、近くの薬局で処方箋を出し、

コンサータ」という薬を処方されました。

 

 

コンサータ」…なんだそれ?

 メチルフェニデート徐放剤(商品名: コンサータ )は脳内のトランスポーターに結合することでシナプス間隙の神経伝達物質ドパミンノルアドレナリン)の濃度を増加させると考えられ、脳内ドパミン量が減少していると推測されるADHD患者において治療効果を発揮させると考えられています。(ADHD薬より

 

 

そういえば、診察の時に先生がドーパミンがどうとか言ってたな〜(すでにうろ覚え)、よく分からないけど(当時は)、これを飲めばADHDが改善されるのか。

 

と、薬を手にし帰路につきました。

 

 

家に帰った後、今日のあっさりし過ぎた診察はなんだったんだろう…

となかば放心状態だった僕は次第にこう思います。

 

「あの程度の診断でなにがわかったんだろう、バカにしやがって」

 

と、診断や処方箋についての疑問から怒りがふつふつと湧いてきました。

 

f:id:cheaptochic:20170427134302j:plain

 

 

そして、こうも思いました。

 

「この薬(コンサータ)、本当に飲んでいいんだろうか?」

 

 

で、最終的にこうなりました。

 

「今日の先生はそんなにADHDに詳しくないから、処方された薬は信じない」

 

という、独断すぎる判断で、

 

僕は薬(コンサータ)を

 

「あなたの症状はADHDに近い」という診察の言葉とともに

 

ゴミ箱へ捨てしまいました。

 

 

なので、僕がADHDなにかどうかもあやふやになったまま、

また、いつもの日々に戻って行きました。

 

 

でもでも、結局なにも改善されてないので、

上手くいかない仕事の日々に戻ることになり、

また、ふりだしに、そしてもっと悩み苦しむ日々が始まりました。

 

次回に続く。

 

悩むことに疲れたときは睡眠がとっても大事、

なので、寝具は結構気にかけてます。 

 

 

  あとはゆっくりお風呂に浸かるのも気分転換に。